ジャガイモとオイルサーディンの一品

ジャガイモとオイルサーディンの一品

北海道の親戚から2箱もジャガイモが届いたのでせっせと食べていますが、なかなか減りません。何か新しい一品が作れないかと思い、チャレンジしてみました。わたしはおつかいには行かないので、台所のあり合わせで作ろうと思います。

食品棚にオイルサーディンがあったので、ジャガイモと合うかも?と取り出しました。冷蔵庫の野菜室をのぞいてみると、ホウレン草がありました。これも使ってみましょう。それから薬味に、タマネギ・ニンニク・ショウガも加えてみます。レモンがあったのでよかった。オイルサーディンとレモンは合いますので。

 「ジャガイモとオイルサーディンの一品」

6皿分

材料:ジャガイモ 6個 ホウレン草 6株 レモン 1個 ニンニク 1個 ショウガ 1カケ タマネギ 半分 オイルサーディン 1瓶

調味料:塩 小さじ1弱 しょうゆ 大さじ1 砂糖 大さじ1

ジャガイモとオイルサーディンの一品の下ごしらえ

下ごしらえ

A)じゃがいもの皮をむく(茹で上がってからむいた方が手間取らないと思えば、そのようにしてください。熱々の状態でむくと皮がきれいに薄くはがせますが、火傷しないようにフォークなどで刺した状態でするとスムーズ)。

B)ショウガ、ニンニクは薄くスライスします。

C)タマネギはみじん切りに。

D)レモンをくし切りにした場合は、包丁を入れて房の袋(中央の白い部分)を切っておくと絞りやすく、果汁も飛び散りません。

E)ホウレン草は4等分くらいに、ざく切りにします。

調理

A)ジャガイモは、たっぷりの水に中さじ1程度の塩を加えて、15分ほど煮ます。煮過ぎて崩れないように気をつけます。10分くらいしましたら、ペティナイフなどで刺して様子を伺ってください。

「ジャガイモとオイルサーディンの一品」手順炒める

B)ジャガイモを煮ている間に、サーディンが浸かっているオイルを使って、タマネギを炒めます。色づいてきたところで、スライスしたニンニクとショウガを加えます。しんなりと炒めずに、フライ返しなどで広げながら、焼くような感覚で火を通してください。

C)サーディンを加え、塩、砂糖、しょうゆも加え、熱々のところにレモン汁を絞ります。

D)ホウレン草を加えてさっと混ぜ合わせ、半生状態で火を止めます。余熱でちょうどよい加減に。

E)1センチほどの輪切りにしたジャガイモを加えて混ぜ合わせ、出来上がりです。

「ジャガイモとオイルサーディンの一品」手順仕上げ

試食

爽やかなレモンの酸味と香ばしいしょうゆ味。隠し味の砂糖が効いています!今回のオイルサーディンは燻製でしたので、いぶした風味がさらに食欲をそそり、お箸、進みます☆

暖かくても冷めても美味しくいただけるので、たっぷり作ると小腹が空いたときにも重宝します。

材料も常備品だけで特別な用意はいらないので、作り勝手が良いです。ぜひお試しください。

ジャガイモとオイルサーディンの一品
熱々と冷やした盛り付け

関連記事

特集記事

TOP