勤労感謝の日は新嘗祭でした

新嘗祭稲穂

勤労感謝の日は1948年に公布・施行された祝日に関する法律(祝日法)によれば、勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合うことを趣旨とします。アメリカの感謝祭(サンクスギビングデー)も11月で似ていますよね。

日本の勤労感謝の日は、もとは新嘗祭でした。明治6年以降は11月23日に行われていましたが、第二次世界大戦後のGHQの政策により天皇行事・国事行為から切り離されたため、国家行事としての新嘗祭は中止され、「勤労感謝の日」となったのです。固定日の休日では最も長く続いている祝日です。


新嘗祭(にいなめさい)

日本には古くから、各地に稲穂の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する祭儀がありました。宮中祭祀の中でも重要な祭事として古代から行われてきたのです。天皇が新穀を天神、地祇にすすめ、その恩恵を感謝し、自らも食します。宮中のほか、伊勢神宮や出雲大社でも行われます。古くは陰暦11月の2番目の卯の日に行われていました。

「斎庭の稲穂」今野可啓 神宮農業館蔵
「斎庭の稲穂」今野可啓 神宮農業館蔵

『日本書紀 神代下』に、「吾が高天原に御(きこしめ)す―の穂(いなほ)を以て、亦吾が児に御せまつるべし」とあるように、天孫 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が降臨するとき天照が斎庭(ゆにわ。清めた祭りの庭。斎場)の稲穂を授けられたと記されています。

それ以来、春に豊作を祈り、秋の収穫に感謝する稲作を中心とした営みを、日本人は今日まで繰り返して来ました。

「嘗(にひなへ にひなへする。たてまつる。)」の記録として最初の記述は、神武天皇即位前紀で、『日本書紀』巻第三 神日本磐余彦天皇(カンヤマトイワレヒコノスメラミコト)に見られます。

「新嘗」の語を用いた記録の中で最も古いものはというと、『日本書紀』巻第十一 大鷦鷯天皇(オホサザキノスメラミコト。仁徳天皇)40年条に、「是歳(ことし)、新嘗の月に當(あたり)て、宴会(とよのあかり)の日を以て、酒(おほみき)を內外命婦(ひめとね)等(たち)に賜ふ。」と記されています。

ただ新嘗祭の儀式の中に弥生時代に起源を持つと考えられるものがあるので、原型は弥生時代に遡るという説もあります。

新嘗祭の頃は、陰暦では霜月で、それはもっとも太陽の力が弱くなり日照時間の少ない冬至の時期でした。すなわち魂に活力を与え復活を祈る鎮魂祭(魂振り)の呪術でもあったのです。卯の日(十二支干支で循環する四番目の日)は、陰陽五行思想でも再生・更新を意味する日です。そしてまた、新しい天皇が即位された最初の新嘗祭は、天皇一代の最重要な祭祀とされている「大嘗祭」ですが、これは古式に則って夜を徹して儀式が行われます。このように新嘗祭は、一旦は死に、そこから新たな命をいただくための復活祭であると考えられます。

「新嘗祭」が最初に文献に現れるのは『日本書紀』卷廿四 のようで、それは飛鳥時代の皇極天皇の御代です。「丁卯、天皇御新嘗。是曰、皇子・大臣、各自新嘗。」(現代語訳:十六日、天皇は新嘗祭を行われた。この日、皇子と大臣もそれぞれ自ら新嘗の行事を行なった。)と記されています。皇極天皇は第35代天皇で、重祚して第37代天皇の斉明天皇ともなった女性天皇です。天智天皇、天武天皇の母でした。

新嘗(ニヒナメ)は、神聖で清浄な場所で生産された神への捧げ物一般を意味する言葉で、御贄(みにえ)の「贄」が語源です。折口信夫は、これは調理した食物のことなので、「いけにへ」とはちがうと『大嘗祭の本義』に記していますが、ほかにも興味深いことを綴っているので、その一部を要約してみます。

天子様(天皇)は、太古からどういう意味で、尊位にあらせられるでしょうか。古い文献を見ると、食国(ヲスクニ)のまつりごとをされています。だから天孫は、天つ神の命によつて、この土地へ来られ、任にあたられているのです。降臨なさり、田をお作りになり、秋になるとまつりをして、田の成り物を、天つ神のお目にかけるのです。これが食国(ヲスクニ)のまつりごとでなのです。
食(ヲ)すというのは、食(ク)うの敬語です。今では、食(ヲ)すを食(ク)うの古語のように思っていますが、そうではありません。食国(ヲスクニ)とは、召し上がる物を作る国、ということです。後の、治(ヲサ)める国という考へも、ここから出ています。食(ヲ)すから治(ヲサ)める、という語が出たことは、疑いのないことです。
さて、食国(ヲスクニ)をまつることが天子様の本来の職務で、それを命令したのは天つ神です。古事記・日本紀では、この神を天照大神としています。この点は、歴史上の事実と信仰上の事実とが矛盾しています。歴史上では、幾代もの永い間、天子様は一系で治めていらっしゃいます。信仰上では、昔も今も同様で、天つ神の代理者として、この土地を治めているのです。この土地を御自分の領土にする、というようなことや、領土拡張などは、信仰上では、御考へになりません。天子様は、神の言葉をこの国に伝へるために、お出でになつたのです。
私たちの考へでは、働かなければ結果が得られないとわかっていますが、昔は神の威力のある詞を精霊に言い聞かせると、詞の威力で、言う通りの結果を生じて来ると信じられていました。土地の精霊は、神の詞を伝へられると、そのとおりにしなければならないのです。貴い方が、神の詞を伝へると、その通りの結果が生じたのです。これが、まつるということで、食国(ヲスクニ)のまつりごとなのです。

天皇は、奈良時代から平安時代にかけて政治・祭祀の頂点として絶大な権力を有しましたが、摂関政治、院政、武家の台頭により次第に政治的な権能を失い、室町時代には廃絶する宮中祭祀も多くなっていきました。新嘗祭も後花園天皇の寛正4年(1463年)に行われて以降、行われなくなりました。それは11年に及んだ応仁の乱と、明応2年(1493年)の明応の政変が原因と考えられています。全国に争いが拡大し、主要な戦場となった京都全域は、壊滅的な被害を受けて荒廃しました。疫病、火災、盗賊、一揆なども頻発して、時代は戦国の世に移行して行きました。新嘗祭どころか、後柏原天皇に至っては即位の礼も践祚から21年後のことでした。後奈良天皇も即位式ができたのは、践祚から10年後でした。正親町天皇(おおぎまちてんのう)は、戦国大名・毛利元就の献納があるまで2年間、即位の礼を挙げられませんでした。本願寺法主・顕如も莫大な献金を行って、天皇から門跡の称号を与えられましたが、織田信長は、永禄11年(1568年)、正親町天皇を保護するという大義名分で京都を制圧したのです。

このように応仁の乱や朝廷の窮乏により新嘗祭は長らく中断していましたが、江戸時代に入り東山天皇の元禄元年(1688年)に霊元上皇の強い意向により「新嘗御祈」という形で略式に再興(この前年の貞享4年(1687年)に大嘗祭も再興)しました。ただし祭場となる神嘉殿がないため、紫宸殿を代わりとして用いました。桜町天皇の元文5年(1740年)に、元の形に復興し、光格天皇の寛政3年(1791年)には内裏の造営に伴って神嘉殿が再建されました。こうした変節を経ながらも、新嘗祭は現在に至るまで続けられ、今年も厳かに執り行われました。

出雲大社では、古伝新嘗祭が斎行されます。釜社の神釜を安置し、神職がオジャレモゥ(お出でませ)と唱えると、国造が参進します。殿内をかすかに照らす火明かりの拝殿で、神職が、神水・神火(忌み火)で調理した新穀の御飯と醴酒(ひとよざけ)を天地四方の神々に供え、自らも食して相嘗の儀を行ないます。そして歯固め神事、百番舞、釜神事、神おろし、御饌井祭などの重儀が行われ、五穀豊穣への感謝と来年の更なる豊作の祈りが捧げられるのです。

日本にとって大変に意義の深い新嘗祭が、これからの世にも存続することを願うのは、太古から今日まで安寧を祈り、慎ましくも勤勉な暮らしを営んできた大和の民の成り立ちそのもので、その心の在り方を反映するものです。KIMIÉ

稲穂

関連記事

特集記事

TOP