意外と知らない七五三の由来

七五三

七五三

11月15日は、七五三。数え年の男児三歳と五歳、女児三歳と七歳のときに子供の成長を祝う日本の年中行事です。その年の子に晴れ着を着せ、神社・氏神神社・寺などに詣で報告、感謝、祈願をします。

七五三は平安時代に、子供の中年期に入るのを祝う宮廷貴族の間で始まった通過儀礼の儀式といわれています。

三歳の男女「髪置きの儀」

平安時代は男女とも生後七日目に産毛を剃り、それから三歳まで坊主で育てる習慣がありました。「髪置き」は、幼児が髪を伸ばし始めるときの儀式です。長寿を祈願するために白髪に模した白糸や綿白髪を頭上に置いて白粉をし、櫛で左右に梳いて祝ったとされています。「櫛置き」「髪立て」とも。

五歳の男児「袴着の儀」

初めて袴をはく儀式で、公家の間で行われたものが、のちの武家、さらに庶民の間でも行われるようになり、江戸時代以降は、5歳の男児に定着しました。幼児を吉の方角に向けて碁盤の上に立たせ、麻の裃(かみしも)を着せ、縁起がいいとされていた左足から袴をはきます。そして初めて双刀を差しました。皇室は、「袴着の儀」の後、碁盤の上から飛び降りる「深木曽(ふかそぎ)の儀」を現在も続けています。「着袴(ちゃっこ)の儀」とも。

七歳女児「帯解きの儀」

付け紐のシンプルな着物を卒業し、初めて伝統的な丸帯(ダブル幅の織地を二つ折りにした帯。帯の表裏共に全通柄)を結ぶ儀式です。室町時代末に貴族の間で始まったとされ、江戸中期以降は女児の七歳の祝いとなりました。新しい成長段階に達したことを表し、「四つ身祝い」「帯直し」「帯初め」「帯結び」「紐解き」「紐直し」「紐落し」とも。

こうした幼児の儀式は、11月15日に行われるようになっていきました。七五三は奇数ですが、陰陽で奇数は縁起が良いとする数秘術と一致しています。また7歳までの子供は日本の神々の子孫であると考えられていました。いにしえでは子供の早世が多かったので、子供が無事に育つことは親の切なる願いでした。七五三はここまで生存できたことを感謝する奉告祭なのです。


写真は息子の七五三の祝宴のときのもの。懐かしい一枚です。眺めているとどこからともなく感慨が湧いてきます。ここは畠山美術館に隣接した素晴らしい日本庭園の料亭・般若苑。三島由紀夫『宴のあと』の舞台にもなりました。決して華美ではなく、枯れた味わいをたたえた風格が、時を超越した空間を作り出していました。当時、私はこの裏の池田山公園の隣に住んでいたので、何度か伺う機会がありました。

今はもう庭も建物もありません。現在は孫正義氏の白亜の邸に建て替えられています。少し来歴をお話しすると、荏原製作所創業者・畠山一清が所有した邸宅でした。江戸時代末に薩摩藩主・島津重豪(しげひで)の隠居所跡だった白金台の地に、奈良・般若寺の堂を移築、加賀藩の家老で横山男爵家の能舞台も同時に移し、それらを元に、全体を構成して作られました。第二次世界大戦後、石橋湛山大蔵大臣の公邸として用いられた後、料亭となり多くの政財界人に愛され、日米安全保障条約の産みの親と称されるダレス、ニクソンなど外国要人の接待に用いられ、ミック・ジャガーも訪れたそうです。

関連記事

特集記事

TOP