愛はお互いを見つめ合うことではなく
ともに同じ方向を見つめること

Art de Vivre
生活芸術

Esthétique de la vie
暮らしの美学

 

日日

2021年10月19日 火曜日 TOKYO

 

サラ・ムーン

 

写真集 サラ・ムーン『幻化 VRAIS SEMBLANTS 』 「チュルリーのスザンヌ」

この秋の誕生日に息子からの贈り物。ようやくゆっくりと見つめました。

サラ・ムーンはモデルから転身したファッション写真家です。作品から浮かび上がり繰り返されるテーマの中に記憶、死、子供時代、女性らしさ、孤独といったものを引用することができます。ファッション写真に着手した彼女の選択は、幻想、誘惑、夢、美を問うもので、非現実の世界をつくり出して、そこに探し出すあてもない感情を模索するのです。モードは季節や庭のように移り変わる儚いもの、過ぎ去る時間のようなもの。ドレスと女に費やした20年の星霜は、彼女の一種の散歩でもあったのです。

VRAIS SEMBLANTS” by Sarah Moon ”Suzanne aux Tuileries”

A gift from my son for my birthday this fall. I finally took the time to stare at it.

Sarah Moon is a model-turned-fashion photographer. In the recurring themes that emerge from her work, one can cite memory, death, childhood, femininity, and loneliness. Her choice to embark on fashion photography was a matter of illusion, seduction, dreams, and beauty. She created an unreal world and searched for emotions that she could not find in it. Modes are like seasons and gardens, ephemeral things that change and pass away. The 20 years she spent on dresses and women was a kind of stroll for her.

 

 

特集記事

TOP