Esthétique de la vie
暮らしの美学

月雪の きよき心を一花の
にほひにこむる 深見草かな

Art de Vivre
生活芸術

 

THE LATEST NEWS

2021年7月28日 木曜日 TOKYO

 

真行寺君枝

 

昨日お話ししたムスリムのヒジャブは、わたしたちの文化には見られない習慣なので特異なものに映ります。でも「頭を覆うもの」という意味なので、少し時代を遡ってみると、日本では江戸時代に大流行した頭巾とも言えますし、英語圏ではベールに相当します。そして歴史を辿ってみるとヒジャブはメソポタミアまで遡れます。最初の言及は紀元前1400年以降の中アッリシア法の規範に見られ、尊敬と高い地位のしるしとして着用されていました。古代ギリシアやローマにおいては一般化し、中世ヨーロッパでは髪を布で完全に覆う被りものをウィンプルと言いました。キリスト教文化圏では既婚女性が髪を見せるのは見苦しいことで、はしたないとされていたのです。今日ではシスターのユニフォームにその伝統が続いています。花嫁のマリアベールは聖母マリアに由来します。KIMIÉ


The Muslim hijab may seem peculiar because it is a custom that is not found in our culture, but since it is a “head covering,” if we go back in time a bit, we can say that it is a hood that was very popular during the Edo period in Japan, and is equivalent to the veil in the English-speaking world. Tracing its history, the hijab can be traced back to Mesopotamia. The first mention of the hijab is found in the codes of Middle Assyrian law after 1400 BC, where it was worn as a sign of respect and high status. It became common in ancient Greece and Rome, and in medieval Europe, the wimple was a headdress that completely covered the hair with cloth. In Christian cultures, it was considered unseemly and immodest for married women to show their hair. Today, the tradition continues in the sisters’ uniforms.

 

特集記事

TOP